前へ
次へ

身体によい食べ物をとる大切さについて

食べ物はただ単に、命をつなぐだけでのものではありません。
何を食べるかで健康にもなりますし、逆に体を壊してしまう危険があります。
例えば、コンビニエンスストアやスーパーのお惣菜さらにはインスタント食品ばかりを毎日何年も食べ続けているなら、栄養が偏って健康を害してしまう危険があります。
また、コレストロールが溜まって肥満になる危険があります。
それで、健康を考えた食事をきちんと取り入れることは重要です。
例えば、お野菜をふんだんに取り入れたりお肉やお魚もバランスよく食べる必要があります。
さらに、海藻類やキノコ類や大豆類も取り入れましょう。
食べ物以外にも、牛乳などを取り入れることで骨が丈夫になります。
健康を考えた食事は免疫力が高まり風邪をひきにくい体質にもなります。
さらに重要なこととしては、身体によい食べ物をふさわしい時間に食べることです。
できるなら、夜ご飯は夜7時か8時までに済ませるようにしましょう。

Page Top